もう寝不足とは言わせません!上質な眠りがウリの夜行バスとは?

夜行バスは安いけど疲れる

夜行バスと言えばスキーやスノボーの旅行や、新幹線などよりも圧倒的に安く利用できるので人気があります。
しかし、夜行バスは安価な反面新幹線などと比べると時間がかかりますし、周りの目が気になってぐっすりと睡眠をとることが出来ないという不満を抱える人も少なくありません。
せっかく安く済ませることが出来たのに、目的地に到着したらぐったりで十分に楽しめないという経験をしたことのある人も多いでしょう。
しかし、夜行バスは今人気が高まっていることで各社の競争が激しく、快適に過ごすことが出来る環境がどんどん整っています。
3列の独立シートが採用されているのが代表的で、隣に見知らぬ人が吸わているということもないのです。

さらに快適空間になった

夜行バスは今3列独立シートだけではなく、もっと快適に過ごせるように新たなシートが続々と開発されています。
シェル型シートといって、シェル型の仕切りで囲われているシートが出てきています。体をすっぽりと包んでくれるのは周囲の目線は気になりませんし、周りの音もカットしてくれるので賑やかな若者集団が同乗していても睡眠を妨げられることがありません。
バスというとリクライニングを後ろの同乗者に気にして下げられないという方もいますが、シェル型であれば後ろを気にすることなく楽な姿勢で過ごすことが可能です。
自前で用意しなくてもヘッドレストやフットレスト、コンセントなどが用意されているので疲れを残すことなく移動出来ます。